中島洋診療所

中島洋診療所  内科 リウマチ 膠原病科

〒502-0909 岐阜県岐阜市白菊町2-39
TEL 058-232-1493
※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

よくある質問

膠原病とは?

膠原病とは一つの病気の名称ではなく、疾患群の総称を示す概念です。病因として自己免疫機序(自己の成分に対して過剰な免疫応答を示す結果、自己抗体や自己に感作されたリンパ球が出現し、組織傷害が起こる)が考えられていますが、現在においても病態・病因がすべて明らかにされたわけではありません。

 

どのような疾患が含まれていますか?

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、結節性多発動脈炎、多発性筋炎・皮膚筋炎およびリウマチ熱の6疾患(古典的膠原病)に加え、現在では、混合性結合組織病、シェーグレン症候群、ウェゲナー肉芽腫症、ベーチェット病、リウマチ性多発筋痛症などが、膠原病類縁疾患として挙げられます。

 

どのような症状があるのですか?

このような膠原病という概念にあてはまる疾患の特徴としては、多臓器に障害が及ぶという点です。一般的な症状としては、原因不明の発熱や体重減少、多発性の関節痛、咳および息切れ、易疲労感、全身倦怠感など、多彩な症状が生じます。痒みのない発疹がよくみられるのも膠原病の特徴です。全身性エリテマトーデスでは、頬に蝶型紅斑と呼ばれると特徴的な発疹がみられます。また、関節リウマチでは痛みだけではなく、腫れたり、熱を持ったりし、多発性および対称性の関節炎が特徴的です。このほか、指が発作的に白くなったり、紫色になったりする、レイノ-現象もよくみられる症状の一つです。レイノ-現象は寒冷刺激や精神的興奮で誘発されます。

 

膠原病が疑われた場合、どうすればいいのですか?

前述のような症状が見られる場合、診断までに時間を要することも少なくありません。診断がはっきりしない場合や、膠原病の疑いがあるといわれた場合には、ぜひ、膠原病専門医の診察を受けられることをお奨め致します。膠原病の予後を改善するためには、専門医による早期診断・早期治療が必要不可欠です。どの疾患かにより、治療法、予後も違ってきますが、膠原病の診断までに時間がかかると、重症化する場合が多く、その場合、基本的な治療薬であるステロイド薬を多く服用しなければならなくなります。

 

なぜ、内科で関節リウマチを治療するのですか?

関節リウマチは、間質性肺炎を主とする呼吸器病変、腎臓病変、血管病変、皮膚病変、心臓病変、神経症状などの合併症や、抗リウマチ薬に伴う様々な副作用(重篤なものとして、薬剤性の間質性肺炎、感染症、骨髄抑制)の出現に注意を払う必要があります。また、近年、生物学的製剤と呼ばれる優れた治療効果を期待できる薬剤の承認が下りましたが、結核を主とする感染症の発症が懸念されています。これら、様々な合併症および副作用の対応には、内科的な臨床経験を持つ専門医のもとで、きめ細やかな経過観察が必要です。もちろん、関節の破壊が生じ、手術が必要な場合には、整形外科の先生にお願いします。平成17年11月から、朝日大学村上記念病院整形外科外来にて、毎週金曜日の午後から、リウマチ内科外来を開始しました。欧米では既に膠原病は内科の中の独立科として確立されていますが、日本ではまだ立ち遅れているのが現状です。

 

中島洋診療所における今後の展望について。

岐阜市周辺には、膠原病を専門とする医療機関が極めて少ないのが現状です。東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターで13年間、多数の膠原病患者様の診療に携わり、経験を積んできました。平成17年7月に故郷の岐阜へ戻ってきましたが、今までの経験を生かし、皆様へ最良の医療をご提供できるよう努力していく所存です。朝日大学村上記念病院および岐阜赤十字病院とは、開放型病床の登録医として申請を済ませており、入院が必要な患者様に対しても、できる限り対応したいと思っています。